ラッチングソレノイド
Latching solenoid

ラッチングソレノイドは、永久磁石を使った自己保持型の直進型ソレノイドです。永久磁石の吸着力を使って保持しますので、省エネルギーです。 回路別に、「双安定ソレノイド」と「単安定ソレノイド」があります。

1. 直流電力により吸引します。

コイルに通電することにより吸引し、通電を切っても永久磁石の磁力により位置を保持します。

2. 永久磁石の保持力で保持し続けます。

停電時でも現位置を保持し、ロック機構も不要です。又、保持電流を必要としないので、コイル温度上昇、発熱等の心配がありません。

3. ローコストタイプです。

シリーズ比較表

  タイプ シリーズ 特徴
双安定 標準タイプ TSB series
TSB-0705
TSB-0805
TSB-1005
TSB-1010
TSB-LS
コイルの通電のみで往復運動し、永久磁石の保持力で位置を保持し続けます。 金融機器のフラッパや、光学機器のシャッタの駆動で、特に保持力が必要となる場合に最適です。
単安定 標準タイプ TSBP series
TSBP-09BN1
コイル通電により吸引し、通電を切っても永久磁石の保持力で保持を継続する片側保持タイプです。 医療機器のチューブ押えや繊維機器のセレクタに最適です。

シリーズ一覧

  直流抵抗 本体寸法(単位:mm) ストローク 無励磁保持力
TSB-070510Ω16 × 16 × 35.75mm3N以上
TSB-08057.5Ω20 × 20 × 305mm5N以上
TSB-100520Ω25 × 25 × 455mm15N以上
TSB-101020Ω25 × 25 × 4510mm10N以上
TSB-LS25 × 25 × 455mm2N以上
TSBP-09BN1吸引10.5Ω
復帰14Ω
25 × 25 × 38~5mm20N以上

詳しい主要緒元表は各製品ページをご参照下さい。

駆動方法

■TSB series の駆動方法

SW1スイッチONで1次コイル側に吸引し、スイッチを戻しても保持しております。

SW2スイッチONで2次コイル側に吸引し、スイッチを戻しても保持しております。
Rは外部付抵抗。(保持側、消磁電流値設定用)

■TSB series の回路例(参考)

ラッチングソレノイドを駆動させる為の回路は、お客様が種々の工夫をされておりますが、下記に参考例を示させていただきます。

動作モード

 A    

   B  

   C  

   D  

OUT1 OUT2 動作
L L H H H L 右→左
H H L L L H 左→右
H H H H L L 停止
L L L L H H 禁止入力
■TSBP series駆動方法

SW1スイッチONで右→左に吸引動作し、SW1を戻しても保持しております。


SW2スイッチONで左→右に復帰動作いたします。


お問合わせ

必須ご希望項目 カタログ  営業から電話  サンプル購入
必須会社名
必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須郵便番号
必須ご住所
部署名
役職
FAX番号
備考 お問い合わせ等ございましたら、下記コメント欄にご入力ください。
上記項目にご記入頂き、「確認画面へ進む」ボタンを一回だけクリックしてください。
 次回、お客様情報を入力しないで済むよう、暗号化してクッキーに記憶する。
    

ページトップに戻る