ラッチングソレノイド
Latching solenoid

製品紹介

ラッチングソレノイドは、永久磁石を使った自己保持型の直進型ソレノイドです。永久磁石の吸着力を使って保持しますので、省エネルギーです。

回路別に、「双安定ソレノイド」と「単安定ソレノイド」があります。


  1. 直流電力により吸引します。

    コイルに通電することにより吸引し、通電を切っても永久磁石の磁力により位置を保持します。

  2. 永久磁石の保持力で保持し続けます。

    停電時でも現位置を保持し、ロック機構も不要です。

    又、保持電流を必要としないので、コイル温度上昇、発熱等の心配がありません。

  3. ローコストタイプです。

  4. 特殊用途にも対応いたします。

    防水仕様、ラバーやエアダンパーを用いた消音仕様、40N以上の吸引力仕様にも対応可能です。

シリーズ一覧

双安定型直進ソレノイドTSBシリーズ

  • コイルの通電により往復運動
  • 永久磁石の力により両側位置で無励磁保持が可能
  • 位置決め外部ストッパーの設計が不要

用途例

  • 金融機器のフラッパー駆動部、光学・医療・分析機器のシャッター駆動部
  • 電気錠の開閉駆動部(ロッカーの蓋、自動染色装置の蓋、減菌器の蓋、据置型灰皿の蓋)
  • 医療機器のチューブクランプ
シリーズ 外径(㎜) 直流抵抗 無励磁
保持力
吸引力
(参考値)
ストローク 資料
TSB-0705 16×16×35.7 10Ω 3N以上 3N 5mm
TSB-0805 20×20×30 7.5Ω 5N以上 5N 5mm
TSB-1005 25×25×45 20Ω 15N以上 7N 5mm
TSB-1010 25×25×45 20Ω 10N以上 5N 10mm
TSB-LS 25×25×45 2N以上 15N 5mm

単安定型直進ソレノイドTSBPシリーズ

  • コイルの通電により往復動作
  • 永久磁石の力により吸引側の片側のみ無励磁保持が可能
  • ストロークを5mm以下で自由に設計可能

用途例

  • 電気錠の開閉駆動部 / 医療機器のチューブクランプ
シリーズ 外径(㎜) 直流抵抗 無励磁
保持力
吸引力
(参考値)
ストローク 資料
TSBP-09BN1 25×25×38 吸引10.5Ω
復帰14Ω
20N以上 8N ~5mm

動作原理と駆動方法TSBシリーズ

保持力について


  • 2つのコイルとその間に位置する永久磁石で構成され、無通電時には左図点線の向きに永久磁石の磁界が発生することで、両側で位置を保持することができます。
    保持力以下の重量物の位置を保持することが可能です。

  • 停電時でも現位置を保持し、ロック機構も不要です。
    又、保持電流を必要としないので、コイル温度上昇、発熱等の心配がありません。
    通電時間を低く抑えられるため、低消費電力です。

動作と駆動回路のいついて

SW1がONの時

上回路図のように通電した場合、A→Bの状態にシャフトが動き、スイッチを戻してもBの状態を保持します。

SW2がONの時

下回路図のように通電した場合、B→Aの状態にシャフトが動き、スイッチを戻してもAの状態を保持します。

注)安定的に動作する為には、R部の外部抵抗が必要です。(保持力を解除する消磁電流を流す必要がある為)
外部抵抗を入れない状態でも動作できるソレノイドもありますが、仕様の吸引力を満たせない可能性がございます。

外部抵抗を入れられない場合はご相談ください。

回路設計例


TSB seriesの回路例(参考)

ラッチングソレノイドを駆動させる為の回路は、お客様が種々の工夫をされておりますが、下記に参考例を示せていただきます。

動作モード

動作原理と駆動方法TSBPシリーズ

保持力について

  • 2つのコイルとその間に位置する永久磁石で構成され、無通電時には左上図点線の向きに永久磁石の磁界が発生することで、保持力が生み出されます。
    保持力以下の重量物の位置を保持することが可能です。

  • 左下図の状態では、保持はできません。

  • 停電時でも現位置を保持し、ロック機構も不要です。
    又、保持電流を必要としないので、コイル温度上昇、発熱等の心配がありません。

  • 可動部の可動量は、外部ストッパーの位置により自在に設定できます。
    5mm以下のストロークを推奨しています。

動作と駆動回路のいついて

SW1がONの時

上回路図のように通電した場合、A→Bの状態にシャフトが動き、スイッチを戻してもBの状態を保持します。

SW2がONの時

下回路図のように通電した場合、B→Aの状態にシャフトが動きます。
外部ストッパーが必要です。