医療機器用ソレノイドバルブ
Solenoid Valves for medial devices

薬液用小型2・3ポートソレノイドバルブ

製品紹介

  1. 洗浄しやすい。コンタミが少ない。

    ダイヤフラム式直動ポペット弁なので、弁室内の構造的がシンプルで薬液が流れやすく、弁室内に液体が残りません。

  2. フラットでスリムな形状・並列設置が可能。

    フラットでスリムな形状ですので、複数のソレノイドバルブを狭いピッチで並列に設置することが可能です。

  3. 多様な薬液に使用できます。

    接液部材質に耐薬品性、耐食性の高い樹脂材料、ゴム材料を使用しています。

  4. 特殊仕様にも対応いたします。

    お客様の設計に合わせた形状、特性にカスタム対応いたします。

シリーズ一覧

独立制御型 直動2P/3PソレノイドバルブW13シリーズ

  • 2つのソレノイドと弁部をもち独立流量制御可能
  • 省電力回路付きで保持消費電力を低減
    発熱を抑え、液体への熱影響を最小限に抑制
  • 禁油、メタルフリー、接液部はPEEKとFKMのみ

用途例

  • 血球計数機の流路開閉、切り替駆動弁
  • 化学薬品分析装置の試薬制御弁
シリーズ 弁形式 定格
電圧
ポート数 使用圧力範囲 オリフィス径
(mm)
Cv値
(水)
資料
W13X-25A 常時閉(N.C.) 24V 2×2 -75~250kPaG 1.3 0.03
W13X-35A 常時閉(N.C.) 24V 3 -75~250kPaG 1.3 0.03

ダイアフラム式直動2P/3PソレノイドバルブH20シリーズ

  • 流路方向は自由自在、IN/OUT側の区別なし
  • 接液部が低発塵、禁油、メタルフリー
    ダイヤフラム式でソレノイド部と接液部が隔離
  • チューブ差込みで簡単配管

用途例

  • 血球計数機の流路開閉、切り替駆動弁
  • 化学薬品分析装置の試薬制御弁
シリーズ 弁形式 定格
電圧
ポート数 使用圧力範囲 オリフィス径
(mm)
Cv値
(水)
資料
H202U-XXX 常時閉(N.C.) 12V 2 -90~200kPaG 2 0.065
H203U-XXX ユニバーサル 12V 3 -90~200kPaG 2 0.065



ピンチバルブ

製品紹介

ピンチバルブとは、ゴムチューブを押し挟んで流路を開閉するバルブです。液体材料はバルブ本体の中を流れないので、液溜まりができず衛生的で、薬液等の制御に適しています。

医療・分析機器におけるバルブとして最適です。


  1. チューブ抜け防止機構装着

    チューブ抜け防止機構を予め樹脂パーツで一体成形している為、外部に抜け防止機構設置の必要がありません。

  2. 低消費電力・低発熱

    独自の磁路回路設計により発熱量を大幅にカット。

    また低消費電力での起動を実現。

  3. リード線出し口

    リード線出し口を本体底面に設計し、組み込む製品の狭部への組み込みを容易にしました。


ピンチバルブTPVシリーズ

用途例

  • 血球計数機の流路開閉、切り替駆動弁
  • 化学薬品分析装置の試薬制御弁
  • スラリーを含む液体の制御
         
シリーズ 外径(㎜) 使用電圧 流体圧力 使用チューブ(㎜) 資料
TPV-N040 φ26×57 12V 0~150kPaG 内径φ1/外形φ3
TPV-N160 φ26×57 12V 0~150kPaG 内径φ1/外形φ3

製品特長

チューブを直接挟んだり、開放することで流体を制御

液体がバルブ内を流れないため、衛生的かつコンタミを抑制できます。


N.C / N.O / 3Pバルブを自在に選択

チューブの取付位置を変えることで流体の制御方法を自在に選択できます。


N.Cタイプ

チューブを上側に装着

N.Oタイプ

チューブを下側に装着

3Pタイプ

チューブを上下に装着

チューブ抜け防止ストッパー

チューブの取り外しが容易で、抜け防止ストッパーにより、使用中のチューブ抜けを防止します。